前へ
次へ

効果的な求人票の書き方・注意点

求人票は求職者の目にとまりやすく、この企業で働きたいと思わせるものでなければなりません。まず「雇用形態」「就業時間」「休日」「賃金」「就業場所」「各種保険適用の有無」等、これらは基本的な労働条件に当たりますので必ず明示しましょう。それから職種名は特殊な専門用語を避け伝わりやすい表記を心がけるべきです。例えば「コーディネーター」や「ふれあいスタッフ」等の記載では具体的な内容が伝わらず、求職者の興味を引けません。また応募要件については多すぎると応募者が集まりにくくなり、少なすぎると求める人材と応募者との適合性が低くなってしまいます。必要十分なリストが作成できるようよく考えてみましょう。上記のような基本的な事項はもちろんですが、より魅力的な求人票にするには作成前に「どのような人材を希望しているのか」を具体的にイメージしてみることが大切です。例えばパート・アルバイトの募集でしたら「お子様の学校行事等考慮いたします。」等の記述があると応募者の幅が広がりやすくなります。

Page Top